おトク+楽しいお買い物を友達と!SneakPeeqにおけるゲーミフィケーション要素

こんにちは!kusakariです。今回は、新しいタイプの共同購入サイト
SneakPeeq」をゲーミフィケーション視点で分析していきます。

SneakPeeqはどうやって、サイトの継続訪問と購買意欲を高めているのでしょうか。
それでは早速SneakPeeqを分析していきましょう。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

*****************************
■SneakPeeqとは…
Peeq(覗く)という行動を利用したソーシャルEコマースサービス。
Peeqをするまでは商品の価格が分からない。また、割引など多種のバッジがある。
公式サイト…http://www.sneakpeeq.com/
*****************************

1. 「Peeq(覗く)アクション」でまた見たくなる

ログインしますと、画像のようなページに飛びます。

まず、画面右上に目のアイコンと数字が書かれています。

これは、商品の価格をPeeqする(覗く)ことができる残り回数を示しています。
その日の分を使い切ると、次の日までは補充されません。

左上には自分のアイコン(数字は行動履歴数と思われるもの)、所有バッジ数が表示されています。

 

今回は、飴の商品をクリックしてみました。

この画像では、赤いボタンをクリックすると価格が見れるよ!と教えてくれる
ポップアップが出ています。

このようなオンボーディングも度々組み込まれているため、迷わずに行動できます。

ではクリックしてみましょう。

クリックすると左の画像のようなポップアップが登場し、バッジを得たことを知らせてくれます。
Peeqすれば必ず得られるというわけではなく、条件があるようです。

そして、右画像を見て分かる通り、その商品の現在の価格が初めてここで分かります。
この時点でもかなり安くなっていますね。

小さくて気づきにくいですが、Peeqすればポイントを得ることができます。

また、画像右下にある3つのアイコンは、左からこの商品の総Peeq数、Like数、Share数です。

2. 多種の「バッジ」でもっとPeeqしたくなる

獲得したバッジや、Lovesしたアイテムなどはマイページで見ることができます。

ここでは更に友達のマイページに移動し、
友達がどんなものが好きで、どんなバッジを持っているか見ることができます。

 

また、バッジを獲得したことをFacebook上でシェアすることもできます。
バッジにはたくさんの種類があり、Peeqすることで入手できることもあるので、
バッジを手に入れるには、まず気になった商品をPeeqしてみると良いでしょう。

3. リワード付き「ランキング」でもっとPeeqしたくなる

獲得ポイントはランキングに反映され、ランキングトップ3には特別なリワード
得られるようです。

ランキングは商品毎に分かれており、少しやっただけでも最高で22位まで上り詰める
ことができたので、上位3位までも意外と狙えるかもしれません。

ポイントはPeeqをする毎に得ることができますが、1日にPeeqできる回数が決まっているので、
ランキングトップを目指すなら商品販売期間中になるべく頻繁に訪れることが必要です。

4. SneakPeeqのゲーミフィケーション分析

SneakPeeqには以下の特徴的なゲーミフィケーション要素があります。

① 可視化…ポイント、バッジ取得の可視化、価格はあえて可視化しない。
② ソーシャル…バッジ、lovesのシェア。
③ 協働…皆で協力して商品を安く買う、という仕組み。
④ 競争…ポイントによるランキング。
⑤ 個性の発揮…多様なバッジの取得、マイページ内のlovesリスト。
⑥ ゲームバランス…Peeqできる回数、商品の販売期間などの制限を設ける。

特徴的なのは、「協働」です。
みんなで商品をPeeqし、価格を安くしようとする行動は、
ゲームでいう強大なボスをみんなで倒すことに似ています。

この仕組みの特徴は、自分が人の役に立っているという有能感
自分のベストを尽くそうとする一種の使命感
目標(安く買う)を終えたときの達成感を得られるということです。

これらの要素をうまく組み合わせることによって、
SneakPeeqはユーザーのモチベーションを維持することができるのです。

 

改善点************************
① オンボーディング、可視化の強化
数値情報、Peeq復活タイミングなど、説明が不足している印象があります。

② バッジ、個性の強化
バッジが欲しいという欲求を高めるため、何らかの特典を設けるなど
しても面白いかもしれません。
***************************

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

ここまでいかがだったでしょうか。

ユーザーのモチベーションを維持するには、ゲーミフィケーションの仕組みが
非常に有効に働きます。

それでは、また次回の記事でお会いしましょう。