ビジネスにおける知識とスキル習得を支援するAmerican Express『OPEN Forum Crash Courses』に見る学習支援、社会貢献の新たな可能性とは

今回は、American Expressが実施している
OPEN Forum Crash Courses』について詳しくお伝えしていきます。


このAmerican Expressが提供する 『OPEN Forum Crash Courses』は、
ビジネス全般の情報から日常のライフスタイルまで広範囲かつ多岐にわたる知識を
見て学ぶことができるニュース&学習サイトです。

今回は、『OPEN Forum Crash Courses』をより発展させるため、単独の
サービスではなく「VERI」という学習プラットホームとのコンテンツ相互連携が
図られているためこちらも併せてご紹介いたします。
************************************************************
American Express OPEN Forum Crash Coursesとは
ニュースおよびネットワーキングサイトである「OPEN Forum」に「VERI」の
学習プラットホームを連携させることでインタラクティブな楽しさと簡単な方法で
ビジネスを学ぶことを可能にした学習サービス。
************************************************************
VERIとは
VERI」は複数の企業と個人が利用することで学習するコンテンツが増えていく、
新たな学習問題をコンテンツとして追加できる総合学習プラットホーム。
************************************************************

1:利用者への情報提供

『OPEN Forum』では、ビジネスの成功を支援する一環としておよそ、7つのトピック
(お金、マネジメント、マーケティング、技術情報、世界情勢、ライフスタイル、革新)
と、American ExpressがNBCと提携した番組「msnbc」の提供、および各種契約締結
における実施事項のレクチャー(政府との契約のプロセスなど)などをコンテンツとして
提供をしています。

内容としては、スモールビジネスからスタートした起業家をバックアップするため
なのか、全体的にかなり手厚い情報提供がなされています。

2:VERIによる学習内容の提示

2011年9月より、学習プラットホームである「VERI」を導入。
OPEN Forum Crash Courses』における13の学習コースの利用が可能になりました。
※現在(2012年8月)の時点

学習することでIQポイント(VERI内でランキングに反映されるポイント)を
獲得できる仕組みになっています。

(OPEN Forum Crash Courses内で、提示されている13の学習コース)

3:学習の実施

13ある学習コースの中からいずれかを選択することにより、「VERI」に遷移。
それぞれ各ジャンルについて、『起業家および専門性を持つプロフェッショナルが
作成した3択の問題集』に挑戦することができます。


学習を開始、問題に回答。正解、不正解により獲得できるポイントが変動します。
正解であれば+4P、不正解であれば-1〜2P

不正解であった場合は、『American Express OPEN Forum』もしくは他媒体に
掲載されている正しい情報ページ(もしくはビデオを再生)を表示。
何が正しいのかを記載された文章が表示されます。

理解ができた場合は、問題に戻り同じ問題に挑戦することができるだけでなく
コメントを残すこともでき、同じ質問を選択した他の人を見たり、添付資料について
見直したり、あるいは質問やコースの作成者に対して学習をして理解ができたこと
を知らせることもできます。

4:学習行動へのフィードバック

一定の学習を繰り返し実施した場合、ポイントが閾値を超えた場合、
学習しているジャンルのレベルが上昇します。

自分以外の問題への挑戦者と今の自分の学習したスキルでどれくらい差が
ついているのかランキング(リーダーボード)で確認することができます。

またこのランキングは、現在挑戦している分野のエキスパートも含まれているため、
自分の専門性(優位性)を表現するモチベーションが湧きやすくなっています。

5:問題に挑戦する側から、教える側へ

最後のステップでは、学習者自身の結果を、コミュニティ全体のパフォーマンスと
比較することができます。『特定の学習コースをクリアした場合、関連する学習コース
が複数提示』されます。

それらを一定以上クリアすることで「あなたの知識を身に付けたいと思う知識欲求は、
知識を分け与える側の私たちの能力を超えています!次はあなたが人に教えて欲しい
学習している能力を認められます


ここで、『教えられる側から、教える側になる権利』を与えられ各ジャンルの
配下に、問題を追加作成することが可能になります。

つまり、学習コースでレベルがあがる。マスターした状態になることで文字通り、
教わる側から『教える側に成長することができる』ようになるのです。

6:自分が持つ専門性を可視化

先にご紹介しました学習コースをクリアして、自分が教える側になった場合
VERI」内部に存在する各ジャンルの配下に、追加されていく仕組みになっています。

なお、補足機能としてこの「VERI」そのものは『OPEN Forum Crash Courses』を
含む、様々な学習メディアと連携をしており、『自然と学習コンテンツが充実するようになって
いる
だけではなく、それぞれの問題に対するディスカッションが可能になっています。

例えば、今あるコンテンツで提示されている設問でカバーできていない。議論がし尽されず
宙に浮いている課題があった場合には「ディスカッション」にて解決策を議論できる場があるなど
集団的知性によりコンテンツの充実、修正などの正常化ができる』などコミュニティが有効に
機能していたりします。

【ゲーミフィケーションとして機能しているポイント】

①共通の世界観
学習を通じて、良質な知識学習を行い社会、他者に対してよい影響を与える。

このサービスは、『2つの事業者が手を組んだことでより良いコンテンツとして成立
しています。両者が提携した理由は、上記の1点においてポジティブな影響を与えよう
としていることで機能しています。

しかもそれは、サービスの提供者である『American Express』と「VERI」が
認識しているだけでなく利用しているユーザーも、同様にこの場のルールを認めています。

②オンボーディング

VERI」による学習を始める前段階で、『American Express OPEN Forum』内に存在する
コンテンツ:7つのトピックおよび実施事項のレクチャーにより、学習を促す&ビジネス知識
の習得ができる「VERIの利用価値」を提示することで、学習のキッカケとなる動機づけ
を行うことが容易になっています。

③目標・目的

各分野の起業家、およびエキスパートと同等もしくはそれ以上の知識習得を目標にしています。
また、ここで学習した内容を『学習者が行っている現実世界のビジネスにおいて活用、成果を出す
ことが最終目的ではないでしょうか。

④可視化

各分野ごとに独立してカウントされるIQポイントにより、レベルアップ

ランキングで『成果を可視化する』ことと専門的に学んだジャンルをクリアする
ことで、『上級者までの成長のステップを可視化する』ことができています。

⑤上級者向け

一定値を超える学習を行ったユーザーは、教わる立場から人に教える立場に変わる

上級者になった時点で、学ぶことから『教えることを楽しめるよう環境を変化
させることを可能としています。

まとめ

今回、『American Express OPEN Forum Crash Courses』を体験して、驚いたのは
サービス提供者側とユーザー側のニーズに決定的なズレがなく『ビジネスによる活動でより
良い
状態を構築する』という認識ができていることにあります。

American Expressの立場からすると、『American Express OPEN Forum Crash Courses
を利用しているユーザー層は、『 American Expressのカード保持者』であるとともに

ビジネスをこれから生み出そうとしている、軌道に乗せようとしている「成功者予備軍
であり、彼らが成功した場合には

American Expressのカードを使用、社会に対してより多くのお金を消費する

ようになる可能性が向上する。このサービスを提供するコンセプト、狙いとしての
仮説ではありますが収まりのよい状態であると思います。

VERI」については、『プラットホーム上に学習に役立つ知識が蓄積されていくこと』を
目的にしていると思われ、双方ともにWIN-WINの関係が構築できています。

結果として、ユーザーは無料で学習価値の高い経験ができています。
まさにこれこそが「社会貢献とお金儲けの両立」を体現した1つの形ではないでしょうか。

それでは、次回の記事でまたお会いしましょう。