ブラザー工業の寄付アプリ「グリーンサイコロ」から見る社会貢献+ゲーミフィケーション

情報通信機器メーカーとしておなじみのブラザー工業が、8月30日~9月30日までの
期間限定の環境キャンペーンコンテンツ「グリーンサイコロ」を公開しました。

このグリーンサイコロは、サイト上で1日に1回サイコロを振り、出た目の数だけ寄付が行われる
アプリ
です。これは既存のクリック募金にゲーミフィケーションを応用したコンテンツです。

今回は、ブラザー工業の貢献活動と、この「グリーンサイコロ」を紹介し、貢献活動にゲーミフィケーションを活用するとどうなるのか、分析をしていきます。

1. ブラザー工業の環境貢献活動

ブラザー工業は、プリンターや複合機を扱う情報通信機器メーカーとして皆さんはご存知かと
思います。
では、ブラザー工業が「環境貢献活動に積極的に取り組んでいる」ということはご存知でしょうか。

ブラザーグループは「Brother Earth」というスローガンをかかげ、世界各地で地球環境に配慮した取り組みを行っています。

Brother Earth

※左上:マングローブ林再生支援 ※右上:深圳市「中山公園」の植樹活動
※左下:岐阜県郡上市植樹活動  ※右下:メキシコ州カリマヤの森林再生

これらの貢献活動は、greenz.jpに掲載されているインタビュー記事によると、
各地域でどのような環境貢献活動を行うのかについて、現地法人がその地域で最も必要とされている活動は何であるのか調査、判断し活動を行うようです。

また、brotherearth.comの中には、これらの活動を支援するための「クリック募金」が設置されています。ユーザーが1日に1回クリックすることで、1クリックにつき1円をブラザーが代わりに寄付する仕組みです。これらのブラザーの活動のより広範な(しかも楽しい)周知と、クリック募金より深いユーザー参加のために、「グリーンサイコロ」は企画されたとのことです。

2. グリーンサイコロ

では、グリーンサイコロについて簡単にご紹介します。
グリーンサイコロは1日に1回サイコロを振り、出た目の数だけ寄付が行われるゲーム要素を
取り入れたクリック募金です。

グリーンサイコロをはじめると、緑色を基調とした不思議な世界が目に飛び込んできます。
画面中央にサイコロが置かれているので、クリックするとアニメーションをしながら転がります。
出た目の数=円となり寄付されるので、いくら寄付されるかは毎回違ってきます。


さらに、サイコロを振ると「」が得られることがあります。

賞は何種類かあるようです。筆者は今のところ2日間で3種類の賞をもらえました。
1日1回のみで、9月30日までの期間限定なので、多くの賞をコレクションするためには
なるべく頻繁にサイコロを振らないと難しいようです。

また、賞の画像には「ポイント獲得総量」の現在の順位も記載されています。


サイコロを何度か振っていくと、画面の中にどんどん緑が広がっていきます。
次はどこまで緑が広がるのか、見た目にも楽しい変化を得ることができます。

既存のクリック募金では、「1クリックするだけで寄付」ができる手軽さという特徴がありますが、
一方で楽しさの要素は少なく、手軽すぎることで環境貢献について理解を深め辛いという性質も
あると思います。

グリーンサイコロでは、1クリックするだけという手軽さは維持しつつ、
1クリックしたくなる」ような楽しさを感じる仕組みが取り入れられています。

3. 社会貢献+ゲーミフィケーション


社会または人の役に立つこと、地球環境に役立つ活動は、「良いこと」「したいこと」と感じやすい
活動だと思います。そのように感じている人は、活動を今していなくとも最初から貢献活動をしたいというモチベーション(思い)をある程度もっていると思います。

しかし、意外と難しいのが、その思いを「実際に行動に移すかどうか」と
行動し続けるかどうか」だと思います。
貢献活動には、継続してやり続けることが貢献となる活動も中にはあります。
そのような「継続したい」ものにゲーミフィケーションは有効に働きます。

グリーンサイコロでは主に①世界観、②ランキング、③成長、④リワードといった4つの
ゲーミフィケーション要素が活用されています。

これらの要素は性質こそ違いますが、「モチベーションを高め、維持する」という点では
共通しています。また、これらの要素は「貢献活動を推進する」という目的があるからこそ、上手く機能するものでもあると思います。

ゲーミフィケーションはそのような、目的が明確であり、継続性を必要としているものには
大きく作用します。貢献活動とゲーミフィケーションは、相性が良いのかもしれませんね。

参考記事:ブラザー工業がコツコツ積み重ねた活動から生まれた環境貢献型ゲーミフィケーション寄付アプリ「グリーンサイコロ」

ゲームを活用した社会貢献の事例:ゲームが社会のためになる!? ~収益の半分が寄付されるソーシャルゲーム WeTopia~