書籍ご案内:ソーシャルゲームはなぜハマるのか ゲーミフィケーションが変える顧客満足

弊社書籍「ソーシャルゲームはなぜハマるのか ゲーミフィケーションが変える顧客満足」が本日9月14日(水)より全国の書店で販売を開始しています。

先週のCEDEC2011での先行発売でも即日完売の大人気で、本日のブクログの
新刊のコーナーでも1位を獲得できました。本当にうれしいですね。

初版には、特典もご用意しておりますのでぜひ是非書店でご覧ください。
Amazonはこちらから

[書籍概要]

ユーザーは何に楽しみを見出し、どうしてゲームにハマってしまうのか?
その仕組みが「ゲーミフィケーション」のベースとなっています。

この本では、ハマる仕組みを徹底解剖して、ゲーム以外の領域に応用することで、
これからの企業と顧客との新しい関係構築作り、顧客満足の向上を考えていこうという趣旨で紹介しています。

ゲーミフィケーションを理解・実践することで新規、既存サービスの設計・構築、マーケティングに
おいて顧客の満足度(ロイヤリティ)の維持・向上を図ることが可能になります。

今盛り上がっているソーシャルゲームも、ハマる仕組みの中では日本初の事例として大きなヒントに
なっており、本書「ソーシャルゲームはなぜハマるのか」でもたっぷり解説しています。

ゲーミフィケーション」の概念の理解とゲーミフィケーションの実践に少しでも
興味をもたれた方は必読です。

[書籍もくじのご案内]

《第1部 ソーシャルゲームの登場》

-第1章 ソーシャルメディアのこれまで
-第2章 ソーシャルメディアの現状
-第3章 ソーシャルゲームの登場

《第2部 ソーシャルゲームはなぜハマるの》

-第4章 ゲーミフィケーション・フレームワークとは
-第5章 釣り★スタのゲーミフィケーション・フレームワーク分析
-第6章 怪盗ロワイヤルのゲーミフィケーション・フレームワーク分析
-第7章 モチベーションとは何か
-第8章 課金のきっかけ

《第3部 ゲーム以外の領域への応用:ゲーミフィケーション》

-第9章 ゲーミフィケーションとは何か
-第10章 事例に見るゲーミフィケーション
-第11章 ゲーミフィケーションのデザイン

[刊行に寄せて]

「いま大注目のゲーミフィケーションを知らずして、ソーシャルゲーム、Webマーケティングは語れない。本邦初にして、完全なガイドが登場した。怪盗ロワイヤル、フォースクエア、グルーポンに人はなぜハマるのか。その背景にはゲーミフィケーションがある。そして、そのコンセプトが企業マーケティング、教育、社会貢献に使えるのはなぜなのか。本書はその理由を徹底解説する。ITを熟知しながら、あらゆる分野を横断する知見を備えた深田氏こそ、ゲーミフィケーションの語り部としてふさわしい。」

― 小林 弘人 (株式会社インフォバーン 代表取締役 CEO, 書籍『フリー』『シェア』監修・解説者)

「本書を読んで、いったいいくつのアイデアが浮かんできただろう。もしあなたがゲームの仕事に関わってきた人(あるいは興味を持っている人)で、ソーシャルとかゲーミフィケーションという言葉に興味があるのなら、頭の中をまっさらにして、この本を読めばいい。」

― 水口 哲也 (キューエンタテインメント株式会社 取締役)

ご興味のある方はぜひご一読ください。(感想はこちらまで)

「ソーシャルゲームはなぜハマるのか ゲーミフィケーションが変える顧客満足」
Amazonはこちらから