閑話休題:深田のゲーミフィケーション的近況報告(PRも少し)

 今月が相当バタバタしてまして、考察系の記事を書くだけの気力・時間が取れなさそうなのでちょっとライトにゲーミフィケーション関連についての個人的な近況報告をしようと思います。あと、会社的なPRも混ざりますがネタ的には悪くない(?)と思うのでご容赦下さい。

・記事の寄稿・取材など、12月以降からいろいろ登場します

 ブログに書けない分の言い訳・・・ということでもないのですが複数の媒体への取材・寄稿などが重なっています。表に出てくるのは来月以降くらいです。このブログで最近よく投稿していた、インナーリワード系の話題も自分の中で整理が少しずつついてきたのでその辺は新しい話題として提供できるかなと思っています。最近の講演などでもこの辺の話を織り込むようにしています。

・11/27,29はシンガポールで講演です

 正直に言いまして、メンタル的にも準備的にもこれが重いです。。。特に27日は約6時間のワークショップがありまして、この準備が大変です。既に何回か実践はしているのでその修整で対応はしていくのですが、英語への翻訳対応と、ちゃんと話せんのかというプレッシャーが大きいです。

 とはいっても、日本語で何をどれだけ言っていても英語圏の人達からすると存在していないのと同じなので多少背伸びをしてでもやっていかないといけないなと思っています。ゲーミフィケーションは将来的にはWeb上でのおもてなしの表現として進化していくと本気で思ってますので、ここは日本人としての価値を出して行くべきところと信じています。人や金での勝負だと物量で勝てないので、コンセプトと歴史で勝負するという感じですね。

僕的には非常に大きなチャレンジですので頑張りどころです。

 これを機に英語での情報発信を増やしていきたいのですが、、、まだそこまで行けてないです。

・最近読んだ行動経済学の本がおもしろかった

 「ヤル気の科学」という本なのですが、イエール大学の行動経済学の教授が書いた本の翻訳です。ちょっと読みにくかったのですが、使えそうな知見がかなりありました。「コミットメント」というある種の約束のようなことを事前にすることで、継続しにくいこと(ダイエット、禁煙とか)を持続させるように自分をヤル気づけることができるというお話です。約束の仕方としては「これが出来なければxxをする」という罰則的なものが紹介されているのが特徴的で、金銭的な罰の重みというのもありますがその人にとってやりたくないことを罰にするということも金銭以上に効果的ですよということが書いてあります。

 例えば自分が応援したくない団体に寄付をする、恥ずかしい写真を公開する、約束自体をみんなの前で宣言することでメンツがつぶれかねない状況を作る、など様々です。こういうソーシャルアクションも機能しそうだなと思いました。

・事業的実績がちょっとずつ増えてきました

 エヴァストア、で結構本格的なゲーミフィケーションの事例をリリースさせて頂きました。6月のカンファレンスに合わせてリリースさせて頂いたSprocketですがお陰様で問合せ・受注状況も好評を頂いておりまして、対応が追いつかないんじゃないかとちょっと心配しています(もし導入に来年度スタートくらいのタイミングでご関心のある方は早めにお声掛け下さい)。表に出せるものも少しずつ出てくると思いますので乞うご期待。

 ・・・とこれだけだと宣伝チックなのですが、やはり実際にデータを見て考えていくことでこれまで机上で話していたことがどんどん具体的になっていくのが面白いです。実際にやってみると良くも悪くも当初の想定と違うことが多々出てきます。データ分析しながらの運用がやはりキモだなと改めて思いますし、やればやるほど手法が洗練されていくなと実感しているところです。

・やっぱり「おもてなし」だなと実感してきています

 正直なかなかまだ実際のクライアントさんには理解頂きにくいところはあるのですが、ユーザに見える表の部分は最小限スタートでもいいのでとにかく早く始めたほうが成果が出るのが早い、というのが現在の最有力仮説です。「本当にこの見せ方でユーザが納得するのか?」ということを考え尽くすよりもやったほうが早いなという感じです。

 というのもやっぱりエンドユーザに対してのおもてなしの表現なので、やるかやらないかでいうと絶対やった方がいい。どうやるのか、という手法論についてはやりながら洗練させていけばよくて、やり始める前からそこを議論したり考えても仮説の精度として60点以上にはならないな、という印象です。まずやってみるという形で実践しても仮説の精度としては40-50点くらい。ここから仮説の精度を60点まで持っていくのは主観ですが1-2ヶ月くらいかかります。その間、データとって反応見ながら直していけば60点以上になりますのでそっちのほうがいいなと。

 

 以上、近況報告でした。たまにはこんなのもいいですね!?

参考文献:

ヤル気の科学 行動経済学が教える成功の秘訣