2012年ゲーミフィケーショントレンドまとめ【事例・記事編】 Yearly RoundUP 2012

今回は、2012年のゲーミフィケーショントレンドをまとめたYearly RoundUPの
第二回として、【事例・記事編】をお届けします。

gamification.jp

2012年に日本で発表されたゲーミフィケーション導入事例や、
注目を集めた記事・おすすめの記事などを紹介していきます。

 2012年ゲーミフィケーショントレンドまとめ【ニュース編】 Yearly RoundUP 2012

 

2012年の事例を振り返る

2012年中にリリース・発表されたゲーミフィケーションを導入・活用した事例について、
日本で発表されたものの中からいくつかご紹介していきます。

 

ECサイト

【EVANGELION STORE】でゆめみの≪sprocket≫を導入し『EVA STORE FESバッジコレクション』を開催!

24時間で商品入れ替え・最大9割引のECサイト「24」をクルーズが開設 ゲーミフィケーション活用 | Web担当者Forum

ドクターシーラボ『ペコっ』機能をリリース【ゆめみ】のゲーミフィケーションソリューション『Sprocket(スプロケット)』を利用 |株式会社ゆめみのプレスリリース

 

メディア

記者気分で記事タイトルを投稿できる「キジネタ」がリニューアル!執筆意欲を掻き立てる機能などを追加 (japan.internet.com) – Yahoo!ニュース
タイトルを投稿していくことによって社員として昇進していくという
育成ゲームの要素が取り込まれています。

セカンドニュース、コメントすると「育成ゲーム」が楽しめるニュースサイト「IRORIO」 (1/1):MarkeZine(マーケジン)
コメント投稿にゲーム要素を導入した事例です。

Business Media 誠:奨励金も採用、「ONETOPI」が誰でもオススメ情報を投稿できるように

 

アプリ

ゲーム感覚でスケジュールを立てるPS Vitaアプリ『勇者のきろく』リリース/ゲーム情報ポータル:ジーパラドットコム
ゲーム性を取り入れたスケジュールアプリです。

『ウェザーニュースタッチ』“参加型”気象情報を大幅リニューアル/2012.07.30
ゲーミフィケーション要素を取り入れた天気情報アプリの事例です。

 

 【やってみた】短縮URLのゲーミフィケーション? 「忍者モバ部」を使ってみた | vsmedia
短縮URLサービスにゲーミフィケーションを取り入れた事例です。

「ハイタッチ!drive」スマートフォンアプリ提供開始|みんカラ開発ブログ|ブログ|みんカラ開発チーム|みんカラ車・自動車SNS(ブログ・パーツ・整備・燃費)
ドライブをより楽しくするゲーミフィケーションアプリ。

 

教育

eラーニング教材「すらら」6月1日よりTOPページリニューアル~ユーザビリティ向上・ゲーミフィケーション要素の強化~– CNET Japan

・【株式会社ゆめみ】の『ゲーミフィケーション』のプラットフォームを利用したスタンプシステムが、ベネッセの『おやこみらいひろば』で開始!

 

社内利用

業界初!営業支援システムにゲーミフィケーションを採用|株式会社NIコンサルティングのプレスリリース

 

プラットフォーム

ネットマイル|ネットマイル社、ゲーミフィケーション導入支援ツール「playground β版」の提供開始

Sprocket(スプロケット)を6月26日(火)リリース ~ファーストユーザとしてドクターシーラボが導入開始~ – ゆめみ

MapMotion、次世代「位置情報」プラットフォーム『Geocore』を発表 – ValuePress! [ プレスリリース 配信サイト ]

デジタル・ナレッジ、大人から子供までを”学び”に熱中させる教育システム「ゲーミフィケーション・パーツ」を開発。大手ゲームメーカーへ提供。

 

社会貢献

新世代の社会貢献・寄付プラットフォーム i-kifu がβ版サービス開始 〜SNS・ゲーミフィケーションを活用して、もっとカンタンに、楽しく、社会貢献〜

自己発信と環境改善を一度にできる!あなたのブログ投稿が地球の緑化につながるゲーミフィケーションサービス『gremz』 | 汗と涙の全開ブログ

 

2012年の注目記事・おすすめ記事

TechCrunch

ガキの遊びを脱して本格的で汎用的なWeb設計戦略へと成長したゲーム化– TechCrunch Japan

ゲーミフィケーションの理解:6歳児は自転車をうまく使えるのか?

ゲーム化: その深層と最新傾向

今のゲーミフィケーションアプリの80%が2014年までにポシャる、という説

 

解説・議論

 荻野英希(Hideki Ogino) Michael Wu博士の『ゲーミフィケーションの科学』
5月1日にカリフォルニアで行われたイベント「vatorspark」での
Michael Wu博士の講演の内容が詳しくまとめられています。

ゲーミフィケーション FAQ
井上明人さんがゲーミフィケーションについてよく聞かれる質問をまとめています。

 

ゲーミフィケーションの落とし穴(1) – 勝手にメディア社会論 – Yahoo!ブログ
10回以上にわたって、ゲーミフィケーションや内発的動機付けに関した議論を展開しています。

企業におけるゲーミフィケーション活用Ⅱ – CRM Salesforce.com 日本
企業においてゲーミフィケーションを活用することについて説明されています。

 

 ゲーミフィケーションを考える時、押さえておきたい数個のこと – Togetter
「ゲームのちからで世界を変えよう会議」を運営しているNoahさんの
Twitterでの一連のツイートがまとめられています。

 

事例・実践

なぜディズニーは9割がバイトでも最高の顧客満足度を維持できるのか?
ディズニーの従業員に対するフィードバックの仕組みや、コンピュータの介在するフィードバックについて書かれています。

「ソーヤ効果」がECサイトをダメにした事例|ネットコンシェルジェ
ゲーミフィケーションを取り入れて失敗してしまったStylmeeというECサイトの
事例が紹介されています。金銭報酬のせいでモチベーションが低下する
「ソーヤ効果」について解説されています。

 

ゲームの記憶: コラム-ゲーミフィケーションのバッヂ(実績)の種類
多くのゲーミフィケーションサービスに取り入れられているバッジについて、
それを分類している記事です。バッジを設計するためのヒントとなるかもしれません。

BadgevilleのCEO直撃インタビュー:ゲーミフィケーションは中小企業も取り入れられる | Social Media Experience
BadgevilleのKris Duggan氏のインタビュー記事です。

 

海外記事

Gamification in Libraries: A Word of Warning by Scott Nicholson
Using Gamification to Enhance the Library Experience by Scott Nicholson

ポイントやバッジを利用したゲーミフィケーションが有効でないのはどのような場合か、
またそのような場合にはどのようにゲーミフィケーションを取り入れていけばいいかについて
解説されています。

With Its Gamification Tools, SessionM Reports A 35 Percent Lift In Retention, 250 Percent Lift In Engagement | TechCrunch
海外でのゲーミフィケーション導入効果に関するレポートです。
これによると、1回の訪問あたりのアクティビティが250%上昇したほか、
リテンション率が35%上昇、直帰率が25%低下などの効果があったようです。

 

2012年のGamification.jp注目記事ランキング

2012年にGamification.jpに投稿された全92記事の中から、特に人気のあった記事を
ランキング形式でお伝えします。ランキングは2013年1月現在の閲覧数をもとに算出しています。

 

1位: 結婚準備がより楽しくなる!結婚情報サイト「ゼクシィnet」にみるゲーミフィケーション要素 | Gamification.jp
ゼクシィnetにおける結婚準備チェックリストが、ゲーミフィケーションを体現している
事例として紹介されています。

 

2位:ドクターシーラボに見るゲーミフィケーションECの未来 | Gamification.jp
ドクターシーラボに導入された「肌ポリー」をゲーミフィケーションの観点から紹介しています。

 

3位:【学習】86%の生徒がLvUpした「すらら」ゲーミフィケーション7つの要素【Part.1】 | Gamification.jp
大きな成果を上げている学習サービス「すらら」に見られる工夫を7つの要素に分けて紹介しています。

 

4位:3日坊主とはおさらば?Studyplusにおけるゲーミフィケーション要素 | Gamification.jp
こちらも学習系のサービスで、ソーシャルラーニングサービスの「Studyplus」を取り上げ、
行動の可視化とソーシャル的な工夫を取りあげています。

 

5位:[with C]身近で心地よい体験からロイヤリティを向上させるmyMUJI&MUJI LIFE | Gamification.jp
無印良品の自社コンテンツであるmyMUJIとMUJI LIFEを取り上げ、
無印良品が顧客との関係性をいかに強化しているかを解説しています。

 

上位5つはすべて事例紹介記事だったのですが、Gamification.jpではイベントレポートや
考察系の記事なども掲載しているので、是非それらの記事にも目を通してみてください!

 

ということで、2回にわたる2012年の振り返りはいかがだったでしょうか?
2013年も継続してMonthly RoundUpという形で皆さんに情報をお届けする予定です。
ご期待ください!