Gamification.jpとは

主旨

このサイトでは、ゲーミフィケーションというコンセプトについての理解を広め、かつ深めていくことを目指します。

ゲーミフィケーションは、利用者の動機付けを図るためにゲームの要素をゲーム以外の領域で使うこと、を意味するコンセプトです。実はゲーミフィケーションの本質的な意義は「利用者の動機付け」にあります。それを効果的に達成する上でゲームの要素が非常に有効であるという順序です。ですのでゲーミフィケーションはゲームという観点だけでなく、人間の動機やサービス提供者と利用者の関係性といった観点を持って見ることが大切です。応用の範囲は幅広く、広義に捉えればWebに限る必要もありません。

一方、こうした可能性の大きさ故にとらえどころのないコンセプトにも見えてしまいます。本サイトを通じて少しでも読者の皆さんにとって具体的に役に立つものとしてゲーミフィケーションを捉えて頂くことを目指します。

目標

本サイトの短期的な目標は、2012年年初現在米国に比べおよそ1-2年ほど遅れている現状について、その遅れを取り戻すことにあります。様々な要因がこの遅れを生んでいると思いますが、Web戦略においては今後欠かせない考え方になるということを示していくこと、そして成功事例を紹介し実際に成果が出せることを示していくことの2つが大切だと考えています。

中長期的な目標は、日本ならではのゲーミフィケーションのコンセプトを生み出し、世界をリードしていくことにあります。おぼろげながら、そのヒントは日本の「おもてなし」の心にあるのではないかというのが私の今の仮説です。Webを通じておもてなしの心を表現することが出来るのではないか?私自身はゲーミフィケーションにそんな可能性を感じています。もっとも、それが現実になる頃にはこの考え方はもはやゲーミフィケーションと呼ばれていないかもしれません。それはむしろ歓迎すべきことですし、本サイトもむしろそれを目指していきます。

経営形態

本サイトは、株式会社ゆめみのスポンサーで運営しています。本来的に1営利企業の枠を超えた活動であること、私自身がゆめみの代表取締役であることなどは自己矛盾の懸念をはらんでいます。ただ現状はそれ以外にやり様も無いこと、別組織化するなど必要以上に運営形態を複雑にする意味もあまりないのでやむを得ないこととお許しください。ただし将来的に状況が変わればより中立的な運営形態にすることはあり得ると考えています。

▼仲間を常に募集中

本主旨に賛同頂ける方、本サイトでの執筆や活動のご協力の申し出いつでもお待ちしています。我々だけでできることは限られていますので、皆さんのご協力があればさらにスピードを上げられます。ご連絡はこちらにどうぞよろしくお願い致します。

▼最後に

ゲーミフィケーションの可能性は、まだまだ始まったばかりです。サイトを立ち上げてから約1年と3ヶ月、おかげ様で少しずつ手応えを感じることができています。しかしまだまだできることがたくさんあります。是非皆さんと共に日本ならではのゲーミフィケーションを世界に打ち出していきましょう。