Gアワード@米国ゲーミフィケーションサミット

米国で6月に開催されるゲーミフィケーションサミットでは”GAwards”と呼ばれるアワードも合わせて実施されるようです。色々工夫するな~という感じで、アワードが作れるくらい事例も出てきているんだろうということを考えるとなんとも羨ましい限りであります。

GAwardsを紹介するページがこちらにありますが、今回設けられている事例のジャンルは以下の通りです。

  1. C向けのサイト・アプリ
  2. 教育
  3. エンタープライズ
  4. 健康
  5. ソーシャルグッド
  6. 最も影響力のある事例

ノミネートされている事例は現時点で約20件。結果発表がサミットで行われるとのことなので、これからまた増えていくのだろうと思います。よく聞かれる質問として「どんな領域にゲーミフィケーションは有効ですか?」というものがありますが、ここで取り上げられているジャンルは1つの答えになっていますね。

事例の収集とその紹介ということはこのサイトでもやっていきたいと思っていますので、もし読者の方で情報お持ちの方いらっしゃれば是非ご案内いただけると嬉しいです。また、ご自身で実践されている場合は本サイトに寄稿いただいたり、あるいはこちらからインタビューさせていただくということも出来ればと考えておりますのでこちらも是非ご一報下さい!